旅好きル☆行き着いた先はキャンピングカー

キャンピングカーは自由だ

ブログ初期は欧米南米などの旅行記、最近は国内旅行やキャンプ等の記録です。旅とキャンプ好きが高じてキャンピングカーを手に入れました。

子連れ旅北海道:2013年07月 四日目

2013/7/28(日)

AM4時雲海チェック。霧発生とのこと。6時頃再チェックするとゴンドラ休止の文字。残念ながら今回の旅行で雲海テラスに行くことは出来ませんでした。

ちなみに雲海状況は部屋のテレビで文字情報が流れるのでそれを見て判断します。レストランの待ち時間などもテレビで見れるので便利でした。

ところでこの日、というか前夜から由磨が熱を出しました。

毎日寝不足だし夜は涼しいし、昨日は朝から夕方までプールでとことん遊んだし、当然のような気もします。

37度台後半~38度前半。しかし咳や鼻水はなく、こちらは心配しているのに本人はいたって元気なので、検温しつつとりあえず普通にすごすことにしました。

この日は宿泊しているタワー最上階のレストランへ朝食へ。本来なら見晴らしがよいはずが霧のため雲の中状態。雨は降っていません。

食後は部屋のジャグジーで遊んでから11時チェックアウト。

ホテルのメイン棟でお土産を買ったり散歩したり。こどものためのスペースが随所にあって、庭には傾斜の芝生にバランスボールがごろごろころがっているエリアがあったり。

かなりのんびりしてからトマムを後にしました。富良野に寄って旭川まで戻ります。

途中、道路の脇でエゾシカの家族に出会えました。Uターンして写真ぱしゃ。

富良野で名物カレーを食べようと計画していたのですが、この日はちょうどヘソ祭りだったようで、駐車場も目当てのお店も激混み。結局第三候補くらいのお店で待つこと30分くらい、ようやくカレーにありつけたのでした。

道中にて。

二日目に立ち寄れなかった美瑛の四季彩の丘へ。着いたのは閉園30分前17:30くらいだったせいか、人はまばら。とっても北海道らしい風景が広がり、目の前の山々には雲が水のように流れていて、とても素敵なところでした。メンズ二人はソフトクリームを堪能。

もう日も暮れかけていたけど、見たかった就実の丘というところへ。まっすぐのアップダウンの道が見れるところ。しかしなかなか場所がわからず、ガイドブックにもナビにもなく、じゃりの農道みたいなところを通ってやっとたどり着いた頃には暗くなるぎりぎり手前でした。

ホテルは初日と同じ。前日までの100平米とはうってかわって、ベビーカーすら入らないくらいの狭い部屋に逆戻りです。

カレーを食べたのが夕方だったので夕飯はコンビニおにぎりにしました。

由磨の熱は相変わらず38度前半あたり。38度5分を超えたらやばいなと思っていましたがぎりぎり踏みとどまっている感じです。それにしてもいつも同様走り回るし元気過ぎ。

ろっしーは、どうしても旭川ラーメンが食べたいとのことで出かけて行きましたが、日曜の夜ということもあり軒並み閉まっていたそうで、しかし麺熱冷めやらず、カップ麺を買って戻ってきました。

そんな四日目。