旅好きル☆行き着いた先はキャンピングカー

旅好きル☆行き着いた先はキャンピングカー

子供とのキャンプ、スキー、28カ国の海外旅、過去のアメリカ生活記、などを綴っています。日常から離れられる遠出が大好きです。

旅:南カリフォルニア Day2

2018.8.24 Fri.

7時半起床。
朝は朝なりに眠いけれど昼間はさほど時差ボケは感じません。
しかし、次男は完全にペースが狂ってしまったようで、朝食はほぼ食べず、午後はディズニーパークで悶絶するほどの腹痛。

そう。
二日目は子供たちの一番のお楽しみ、ディズニーパークに行ったのでした。

旅二日目はディズニー

カリフォルニア州アナハイムには『Disneyland(ディズニーランド)』と、『California Adventure(カリフォルニアアドベンチャー)』という二つのテーマパークがあります。
ディズニーランドの方はシンデレラ城を中心とした構造で、東京ディズニーランドと似た感じ(だったような)。
カリフォルニアアドベンチャーの方は、なんというか、オリジナリティがあります。アルコールも飲めるので、日本のシーみたいな位置づけかな?(と想像しますがシーに行った事がないので適当です)
ディズニー愛が乏しい我が家。
行けばもちろん楽しいですが、人ごみと行列が苦手なこともありそれほど興味があるわけではないので、今回も下調べもろくにせず、向う車中でランドとアドベンチャーのどっちに行くかの相談をやっとこさ始めたくらいのでした。
ただ、気になったのは身長制限。チビ君があまりに乗れるものがなかったらかわいそうなのでそこは要チェック。
5歳次男の身長は、42inch(107cm)。
公式HPの→Things to do→Attractionのページで、Heightsにチェックボックスを入れると、その身長で乗れるものが調べられるので小さい子連れにはありがたい。
結果、42inchあればほぼ全て乗れることがわかりました。

DISNEY California Adventure Park

せっかくカリフォルニアにいるのだからと『California Adventure (カリフォルニアアドベンチャー)』の方に行く事にしました。
駐車場はランドもアドベンチャーも同じです。そこからトラムバス(無料)でゲートへ向います。
チケットを買って、10時頃いざパークへ入場。
8月下旬かつ平日だったせいか、どのアトラクションもせいぜい30分待ち程度。おそらくかなり空いている日でした。
特にファストパスがあるアトラクションは、パスをとった5分後とかに乗れるので実質待ち時間なし☆

まず一発目は。
濡れても乾く時間があるように、Grizzly River Run グリズリーリバーラン 。
f:id:outdoorsytype:20180911211512j:plain
(公式HPより)
"円形の8人乗りゴムボートに乗り込み、岩山の頂上に到着すると、いざ冒険のスタート!
ゴムボートはクルクル回りながら激流にもまれ、滝つぼに落ちたり間欠泉に吹かれたり、びしょ濡れになりながら急流を流れ落ちていきます"
・・・とある通り、激流!びしょびしょ!!!
バッグもデニムももちろん靴も。
サンダルでつくづくよかったと思いました。洋服は乾燥している気候のおかげで昼頃にはすっかり乾きましたが靴はなかなか乾かないのでサンダル推奨。
ちなみに
”このアトラクションでは、ほぼ間違いなくびしょ濡れになります。濡れたくない方は、防水ポンチョ、タオルや着替えをご用意ください。レインポンチョは、アトラクション隣のラッシン・リバー・アウトフィッターズで買うこともできます。
高さ約6mのグリズリーの彫像の隣に、最初の2時間無料で利用できるロッカーを用意していますので、電子機器や水で損傷するおそれがある荷物は、必ずロッカーにお預けください”
というHPの記載を帰国してから知りました。参考まで。

我が子たち、こういう激しいアトラクションにほぼ免疫がないので、いきなりこれはきつかったようで、表情が無になってました。
でも構わず次へ。
グーフィーのスカイスクール。
ファストパスのあるアトラクションの割には・・・という感じでした。四人乗りの横回転の激しめのコースターです。

時計を確認、ダッシュで『Frozen (フローズン)』、アナと雪の女王のショーへ。
一日3回(曜日によって2回)のショーなので時間の確認が大事。
こちらもファストパスのある人気のアトラクションなのですが、開演5分前に着きましたが、満席になっておらずすぐはいることが出来ました。
f:id:outdoorsytype:20180911213212j:plain
約一時間の、映画の短縮版ミュージカルといった感じです。
歌唱力も表現力もさすがアメリカン!見応えがありました。
とくにアナは、白人ではない方なりのキャラ作りが映画とは違って面白くて、英語がわからない子供たちも飽きずに見ていました。

昼休憩のあとは、『ディズニーJrダンスパーティ』という参加型ショー。
ノリノリのお兄さんとお姉さんの仕切りでみんなでダンスしたり映像をみたりインタビューを受けたり。
出てくるキャラクターはディズニーチャンネルやDlifeで放映されている小さい子向けの番組、ライオンガード、ソフィア、ドッグ、などのキャラクターで、最後の最後にミッキー&ミニーがちょこっと登場します。
f:id:outdoorsytype:20180913210913j:plain
生ミッキーに会えたのはこのときだけ。お忙しいのね。

続きまして、モンスターズインク。
ゆっくり走るカートに乗ってモンスターズインクの世界をめぐる、イッツアスモールワールド的なもの。
最初にこわいものに乗せたせいで、終始おびえる長男が笑えました。

お次は子供たちが一番興味をもっていたカーズ。
朝は営業していたのに、なにかあったようでメンテナンス中になってしまい、再開見込みは未定とのこと。残念すぎる。
仕方なく『Luigi’s Rollicking Roadsters』という、車がダンスする動きみたいなアトラクションや、バグズランドで『Flik’s Flyers』というくるくる回る系に乗ったり。

次男、体調不良

このへんから次男がお腹痛い、もう帰りたいと訴えだしました。
なにぶん5歳児のいうことなので、痛みの程度がわかりかね判断に迷いましたが、外のベンチにいても暑いので、タートル・トークに入って休むことに。
最中、ぐったりしたかと思うと椅子から滑り降りてお腹を押さえてくねくね悶絶する次男がさすがに心配になってきたころ、英語がわからないはずの長男はトークに大ウケ、そしてろっしーは寝てる(怒)

タートルトークを終えたところで家族会議。
病院へ駆け込むほどではなさそうだけどだいぶ辛そうだし、歩かないからとずっと抱っこというわけにはいかないし。
もったいないけれど、こんなに体調が悪いのでは仕方ないのでもう帰ろう、と結論に達しました。
でもソアリンだけは乗ってから!

親もわがまま言いたいときがあります。
このソアリン(Soarin)はどうしても乗ってみたかったの。
行ってみると30分待ち。でも一度に入る人数が多いので進みが早い。
f:id:outdoorsytype:20180915073929j:plain(Orange County Registerより)
すごーく良かった。

空から世界を見る的なもので、とっても気持ちのよいアトラクション。
土の匂いとかもしてまるで本当にその場にいるようなリアルと気持ち良い浮遊感で斬新です。
東京ディズニーにも数年後できるそうですね。楽しみです。

ちょっとだけ具合のよくなった次男。
f:id:outdoorsytype:20180914232454j:plain
帰る前の最後の最後にカーズをもう一度見てみようとなり、インフォメーションへゆくと再開していたのですが、本日最長90分待ち。
果たして90分待てるのか、子供たちが乗りたがったトロリーバスに乗りながら悩みましたが実際はもうちょっと空いているのではと期待を込めてカーズまで行ってみると、既にとったファストパスを使えていない人達ですごい列。
レギュラー(ファストパスではない人たち)の列はそんなに長くないんだけど、ファストパス保有者を処理するためにレギュラーはほんの数人ずつしか入れてもらえなくて、本当に90分くらい待つことになりました。そういうことか(><)

並んでいる途中で、兄はカーズは乗りたくない、もう帰る、とかゴネだすし、次男はまた腹痛再開で抱っこからのおんぶで結局寝てしまうし重いし、今日一番の大変でした。
でもがんばって待ったかいあって、すごく楽しいアトラクション。
次に来たときには、カーズとソアリンに真っ先に向う事にします。

最後にお土産を買って、一時は昼間に帰るはずが結局20時半くらいまでいました。
f:id:outdoorsytype:20180914232521j:plain

フードモールが流行中

ディズニーから車で10分くらいのところにある、Packing House(パッキング・ハウス)というフードモールへ夕食を食べに行ってみました。
おされー。若者が多いけど家族連れもいます。
f:id:outdoorsytype:20180914232510j:plain
f:id:outdoorsytype:20180918184545j:plainバインミーと麺とサラダ
ここのような飲食店が集まったモールが増えているようです。
このモールのすぐ隣りには飲茶レストランも。飲茶も食べたかったな。
Packing Houseについては詳しくはこんなサイトがありました↓
カリフォルニアのディズニー至近、「アナハイム・パッキングハウス」はお洒落すぎるフードコート | アメリカ | LINEトラベルjp 旅行ガイド

それにしてもよく遊びました。
ホテルの部屋に戻ったのは23:30。
0時をすぎても、子供たちが眠れないとぼやいています。時差ボケか、帰りの車で熟睡してしまったからか。

そんな二日目。

カリフォルニアディズニーに関してはこちらのサイト、参考になります↓
カリフォルニア・ディズニーリゾートの準備ガイド 2018

乗ったアトラクション覚え書き

Grizzly River Run オススメ
Jumpin' Jellyfish
Goofy's Sky School
Frozen オススメ
Disney Junior Dance Party
Monster's Inc.
Luigi’s Rollicking Roadsters
Flik’s Flyers
Turtle Talk with Crush
Soarin' Around the World オススメ
Red Car Trolley
Radiator Springs Racers (Cars) オススメ
The Little Mermaid


最後までお読み頂きありがとうございました。
よろしければ読者登録よろしくお願いします☆