旅好きル☆行き着いた先はキャンピングカー

旅好き!行き着いた先はキャンピングカー

だんだん曖昧になってしまう記憶を留めておくための旅行記です

キャンプ×蛍 出会いの森オートキャンプ場

2019/6/1〜2

5月〜7月あたりはホタルの季節ですね。
去年の同じ頃ホタルを見に、弾丸キャンプで訪れた栃木県『出会いの森オートキャンプ場』に、今度はゆっくり行きたくて、予約開始日に予約しておきました。
残念ながら誰も都合が合わず、めずらしく単体キャンプとなりました。
(去年までは三家族OKだったけれど今年からはグループ上限は二家族までになったようです。)

東北道はやっぱり快適。
10時頃出て、途中羽生PAでランチ。『ずんだ茶寮Cafe』があるので、GWに引き続きずんだシェイクとずんだ餅を再び♪
スーパーで飲み物などを買って、13時すぎに到着しました。
f:id:outdoorsytype:20190605092954j:plain

今回はお友達がいないので、遊びグッズを多めに持参。
自転車二台、ラジコン、エアブレード、川遊び道具、凧、バドミントン、フリスビー、サッカーボールなどなど。
しかし、ラジコンは充電池が壊れたのか動かず、エアブレードも長くは電池が持たず、結局自転車が一番活躍していました。ぐるぐるぐるぐる周回してまるでカゴの中のハムスターのよう。

タープ設営や準備が一段落したら大芦川で川遊び。
肝心の魚採り網を忘れてむくれていた長男ですが、数分後には網の事などすっかり忘れて楽しめる単純さ。いいね。
f:id:outdoorsytype:20190605093853j:plain
f:id:outdoorsytype:20190605093014j:plain
汚くなっても寒くなっても場内に無料シャワーがあるから安心です。
あとは、おのおのマイペースに遊んだり読書したり。

さて、単体キャンプの時はノー包丁手抜きメニューが常ですが、今回は無性にピザが食べたくて、ダッチオーブンで作るピザに。
前日にピザ生地を作って冷凍、キャンプ場に着いたら適度に解凍して、子供たちに具を切ってのせてもらいます。
f:id:outdoorsytype:20190605093053j:plain
 トマト、生ハム、モッツァレラ
 チキン、ネギ、じゃこ、マヨネーズ、チーズ
 ゴルゴンゾーラ、くるみ、ハチミツ ←これが一番すき
 バナナ、リンゴ、チョコレートのデザートピザ
の4種類。
上も下もかなり炭を使ったけれど意外と時間がかかり、一枚焼くのに10分弱かかったのは誤算だったけれど、出来てたのピザは最高です。
そして飲み物は、ホワイトラムと炭酸、ライム、スペアミント、ブラウンシュガーを用意し、お手製モヒート。
続いて魚介のアヒージョ。
その頃にはすっかり陽も暮れて、そろそろホタルタイムでは?と、アヒージョを炭の隅に置いてホタルを探しに行きました。

あまりいないかな、と思っていたけれど20時に近づくにつれぽっぽっと増えてゆき、気付けばたくさんの蛍が舞っていました。
蛍がよく飛ぶ時間は、①19時~21時頃、②23時前後、③深夜2時頃の三回あるそう。

眠くなってしまった次男はろっしーと先にサイトに戻り、長男と私はさらにしばらくぼーっと蛍を眺めてから戻りました。
その頃にはアヒージョの具材はすっかり固くなっておりました。(><)


二日目。
ホットドッグをメインに朝食をとり、長男をバドミントンに誘う。
早く相手になってもらえるくらい上手くなってほしいと目論んでいるけれどまだ先は長そうです。
11時チェックアウトぎりぎりまで遊んで、温泉に寄って帰る事に。
f:id:outdoorsytype:20190605093027j:plain
最高21段まで積めたそう

ニューサンピア栃木ニューサンピア栃木|鹿沼温泉「華ゆらり」のご案内)というところへ行ってみると、脇に公園があってしまって、そこでまた小一時間遊ぶ羽目に。
その間ろっしーとバドミントンでいい汗かきました。
ちょっと寂しい感じのするホテル施設ですが、温泉は空いていて広々していて、ぬるめの源泉掛け流しもありました。
そして、食堂のとなりのホールでは、 桑田佳祐の『レッツゴーボウリング』に合わせたダンスレッスンが繰り広げられていまして、これまたなんともいえないレトロな味わいを醸し出していました。
一番の目的であったホタルが見れて、気候がちょうどよかったこともあってのんびりリフレッシュできたキャンプでした。

おしまい☆

前回のキャンプの様子やホタルポイントはこちら↓
tabiskill.hatenablog.com
キャンプ場HPはコチラ↓
キャンプ場でゆとりの週末を・・・ - 出会いの森総合公園オートキャンプ場