旅好きル☆行き着いた先はキャンピングカー

旅好きル☆行き着いた先はキャンピングカー

子供とのキャンプ、スキー、28カ国の海外旅、過去のアメリカ生活記、などを綴っています。日常から離れられる遠出が大好きです。

うるぎ星の森オートキャンプ場 Day3

ますます快晴のうるぎ星の森三日目。
夜露に濡れたタープやもろもろもどんどん乾いてゆきます。

朝食メニューは餅ピザ、卵とトマトと葉っぱのサラダ、焼き芋。
f:id:outdoorsytype:20181017204632j:plainメンズ3人で調理している感動的光景

テントサイトのチェックアウトは12時。インと同様に厳密なようで、何度も放送が流れていました。
チェックアウトしても、広場やアスレチックはキャンプ場敷地外なので、車を外に停め直して遊ぶ事が出来ます。
みんなが撤収したあとの広い芝生広場で、バドミントンやフリスビーなど存分に遊んでからキャンプ場を後にしました。
f:id:outdoorsytype:20181017205523j:plain


浜松といえばウナギ!
浜名湖の方までゆくとちょっと時間がかかるので、愛読書 ツーリングマップル に載っていた「うな喜」にいってみることにしました。
キャンプ場からは国道151号をひたすらまっすぐ、新東名 新城IC 近くの好アクセス。
炭焼 うな喜 | キラッと奥三河観光ナビ
ランチは14時まで。ナビでの到着時間ぎりぎり14時前。
行ったのにお店に入れないなんてことは悲しすぎるので、事前に電話してみるとラストオーダーは13:50でそれを過ぎたらアウトとのこと。
なにがなんでも食べたかったので13:45で席を予約させてもらいました。

そして無事到着、無事うなぎ〜
子供にとっても居心地のよいお店でとっても美味しかったです。

連休なので帰り道は予想通り渋滞。ろっしーが復活して運転してくれてヨカッタ
途中で一旦高速を降りて子供たちリクエストによるくら寿司で夕飯を済ませてから、夜遅くに帰宅しました。
今回の長男のバースデーキャンプ、喜んでくれたみたいでよかったです。

ーうるぎ星の森オートキャンプ場ー
トイレ:サニタリーハウスという名の通り大きな建物で洗面所、鏡、ハンドソープ、申し分なし。
炊事棟:給湯あり。清潔。洗った物を置ける台的なものもあり、こちらも申し分なし。
ゴミ:分別
コインシャワー:使用していないけれど個数も広さも清潔さも十分そう。
地面:砂と芝のような感じ。車が通るところはコンクリート
テント乾燥・撤収+宅配サービスなんていうのがあるので、雨の日のあとは助かりそう。

山の中にぽっかり開けた広い公園キャンプ場のようで森林キャンプではないけれど、サイトの周辺は自然がいっぱい。
東京にもう少し近かったら何度も訪れてしまいそうなキャンプ場でした。
なんなら一人でも来たいかも。女性一人でキャンプというと場所によっては怖いけどここはありです。
www.hoshinomori.jp

おしまい

最後までお読み頂きありがとうございました。
よろしければ読者登録よろしくお願いします☆

うるぎ星の森オートキャンプ場 Day2

f:id:outdoorsytype:20181015205418j:plain
台風が過ぎ去り、風はまだ強いものの快晴の朝を迎えたうるぎ星の森オートキャンプ場二日目。

今回のキャンプはバースデーキャンプなので、普段はOKしていない自転車やキックボードやラジコン持参を許可したところ、朝から早速、兄自転車、弟キックボードで走りまくる二人。
このあとも滞在中何十周したかわからないくらいぐるぐる周回。
似たような年頃の自転車スケボー男子たちが何人かいて、まるで回遊魚のよう。。(キャンプ場で自転車レンタルもあります)

朝食は卵サンド、スープ、ココアなど
f:id:outdoorsytype:20181015152515j:plain
ところでろっしーの姿がありません。
いつもの遅起きではなく、非常事態。原因は不明ですが、頭痛と嘔吐で全く起き上がれず。二日酔いとは違うみたいだよ
もともと丸一日キャンプ場内でのんびり過ごす予定だったので問題はないのですが、薬を飲んでも全くよくなる気配なく。
こういうとき、近くに病院のない山奥のキャンプ場というのは万が一のことを想像するとちょっと不安を感じます。

とりあえず横になっていてもらい、朝食のあとは3人で場内散策とアスレチックへ。
f:id:outdoorsytype:20181015195215j:plain
森の中。オオサンショウオなどがすむ清流はとてもきれい。

f:id:outdoorsytype:20181015195554j:plainアスレチックや
f:id:outdoorsytype:20181015195608j:plain遊具や
f:id:outdoorsytype:20181015195616j:plainターザンや
f:id:outdoorsytype:20181015195624j:plainロング滑り台など
f:id:outdoorsytype:20181015195631j:plainとにかく子供は楽しい!

いつもは帰る時間を気にするけれどここはキャンプ場内だし気の済むまで遊ぶのだこどもたち。

サイトに戻って白玉みつ豆作り。バースデーケーキの代わりです。
f:id:outdoorsytype:20181015200808j:plain

このへんで一旦ろっしーがようやく起き上がれるくらいに。
まだフラフラでしたが、今日はお風呂に入りたいし、温まったらきっとすこし気分もよくなると思ったので、私の運転で一番近くの温泉であるこまどりの湯へゆきました。
そう、私の運転で。

実は、VW California T5 になってから運転をやめていたのです。
車体は大きいし、左ハンドルだし、狭い都内の道を運転するなんてとても無理。
でも、悪天候時の子供の送迎などやっぱり車が使いたいときがあって、ちょうど先月からろっしーに内緒で密かに乗り始めており、そのおかげで、今日のような運転手非常事態でも温泉に行く事が出来たわけなので、やっぱりドライバーは二人いると安心だな、と思ったりしたのでした。
こまどりの湯は、ぬるっとした泉質でとても気持ちのよい温泉。
こまどりの湯-売木村役場
ろっしーもここでスッキリ嘔吐したのを最後に、休息に回復に向った模様。

夜メニューは、ジンギスカンの野菜炒めと海老のアヒージョとバケット
売店で買ったリンゴのワインも美味しく、ようやく風もやみ、空は満点の星空。

冷えてきたので、拾ってきた木々で焚き火。前日の雨で湿気ていてなかなか苦戦したけど、それも経験。
f:id:outdoorsytype:20181015203451j:plain

そんな二日目


最後までお読み頂いてありがとうございます。
よろしければ読者登録よろしくお願いします☆

うるぎ星の森オートキャンプ場 Day1

2018.10.6 Sta.

前泊した駿河湾沼津SAをあとにし、一路浜松いなさ北ICへ。
三連休初日ですが、これからくる台風のせいもあってか道は空いています。
浜松いなさ北ICインターを降りてからキャンプ場までの道のりには、大きなスーパーなどはなく、ガソリンスタンドも潰れていたり土日は営業していなかったりするので、食材とガソリンは事前要準備です。

愛知県の国道151号をひたすら北上。山道ですが、片側一車線ずつあり。
途中休憩とランチのために、国道沿いにある、道の駅 豊根グリーンポート宮嶋 に立ち寄りました。
道の駅 豊根グリーンポート宮嶋 | キラッと奥三河観光ナビ
山あいに突然現れる洒落た建物。
2015年にリニューアルしたということでこじんまりしているもののきれいな道の駅で、なかなか賑わってました。
f:id:outdoorsytype:20181012170920j:plain f:id:outdoorsytype:20181012170929j:plain
中のレストランは川に面したテラス席もあり、全体的に木のぬくもりがあってくつろげました。名物くるみ五平餅も美味しかった。
f:id:outdoorsytype:20181012170946j:plain
売店ではお野菜のほかにイノシシ肉や鹿肉も。

ところで、お店の方によると、この近辺昨日まで倒木で道が塞がっていて陸の孤島だったのだとか。
今日から通れてほんとによかったです。

道の駅から先は151号を離れ、506号を茶臼山方面へ。
506号は途中一車線にもなる山道ですが細くて通れないようなところはありません。
茶臼山からは46号を北上し、13:30頃ようやくうるぎ星の森オートキャンプ場へ到着!
家から約308kmだけど、山道も長かったせいか遠かった〜
でもはるばる来たかいあって、思っていた通りとてもよさそうなキャンプ場です。
だってトイレがこんなにきれいだし☆
f:id:outdoorsytype:20181012171619j:plain

チェックインは14時。
それより前には入れてくれませんが、管理棟は広々していて、マグネットボードや子供向けの本や雑誌や新聞があって居心地よい。
f:id:outdoorsytype:20181012171540j:plain
滞在中、長男は何度も一人で本を読みにここに来ていました。
f:id:outdoorsytype:20181012171550j:plain

サイトは電源なし個別サイトE6。
雨の合間にタープを張り、サイドオーニングを準備。
f:id:outdoorsytype:20181012180557j:plain
T5を迎えた最初のうちは、サイドオーニングは濡れるとカビるから雨の日は使わないなんて言っていたけど、雨の日こそ便利すぎて今ではなくてはならないものの一つです。でもこれのせいでマンションの駐車場に入らないんだよぅ。( •́ .̫ •̀, )
にしてもやっぱり台風。ときおり吹く突風がすごくて、どこからかあおられたタープのペグが飛んで来やしないかとヒヤヒヤするほどでした。

今夜のメニューは炭火焼き。
幼稚園の芋掘り遠足でとった巨大な芋を焼き芋にして、あとは牛タン、沼津で買ったいわしハンバーグ、カニチーズかまぼこ、お餅、かぼちゃ、など。
ゆっくり夕食を楽しんだつもりだったけど食べ終わって時計を見たらまだ夜の7時前でした。
長男は真っ暗な雨の中一人で管理棟へ本を読みに行き、次男はまったり。
大人は雨風対策に色々片付けて特に飛ばされそうなヘリノックスの椅子をしまい、そのあとはキャンピングカーの中でデザート食べたりカードゲームをしたりして過ごしました。
いつもグルキャンなのでこういう時間て今まであまりなかったので新鮮。

食器を洗いにいくときに野うさぎを見かけました。
近くの森にはいろんな動物がいるらしく自然豊かなところ。でも虫がほとんどいません。ブヨとか小虫とか蛾とか全然いなくて、そういう意味でも快適なキャンプ場です。
南信州広域公園うるぎ星の森オートキャンプ場 | 長野県売木村 – 星と森と鳥と遊ぼう

長距離移動の疲れもあるし、雨で焚き火もできないし、21時ごろには就寝しました。
またまた突っ張り棒方式で。二日目も子供たちはなんの問題もなく熟睡できている様子。狭い空間好きだからむしろ嬉しがっているけどいったい何歳まで通用するのかこの突飛な方法...

そんな1日目

最後までお読み頂いてありがとうございます。
よろしければ読者登録よろしくお願いします☆

うるぎ星の森へ行く途中、深夜もありがたい『NEOPASA駿河湾沼津』

2018.10.6〜8
10月の三連休、長男のバースデイキャンプと称して久しぶりの家族単体キャンプに行ってきました。
行き先は、南信州広域公園うるぎ星の森オートキャンプ場
先週末の台風で4日間も停電が続いていた静岡県方面であり、なおかつ今週末もまた大型台風が来ていましたが、今回は一応進路から外れているので予定通り行ってみる事に。
なにしろ息子ちゃんがバースデイキャンプをとても楽しみにしているのでそう簡単に諦められません。
愛知県・長野県・岐阜県静岡県の県境のような場所に位置し、インターからの下道も長く、時間がかかりそうなので今回も金曜夜に出発し、途中車中泊することにしました。

車中泊といっても、ポップアップを上げて上段下段に分かれて寝ないと4人全員ゆっくりは寝られないので、ポップアップしても大丈夫そうな場所を予め選んでから行くようにしています。
今回はよさそうな場所が見つけられなかったので、初めて高速道路のサービスエリアで車中泊してみることにしました。

サービスエリアではポップアップはしません。理由はいろいろあるけれどそもそも今回は雨なので上げられませんでした。
そのため、狭い車内で4人で寝るワザを繰り出すのですが、それが未だ実験段階の試行錯誤中。
ろっしー先生にその作業を一任しておりまして、自分は口を挟まない事にしております。ケンカになるからね。

今回はこんなかんじ。
息子その1は、運転席と助手席の上に渡した4本の突っ張り棒の上にインフレーターマットを敷いて。
息子その2は以下の通り。冷蔵庫とキッチン台の上、幅40×150cmの上にサイズの全然合わないインフレータ−マットを敷いて突っ張り棒で支えて。
f:id:outdoorsytype:20181010230909j:plain
これらの簡易ベッド、不安定だし作るのがなかなか大変なんです。私はやってないけど。
なにか他にいいアイデアはないかと、現在車内ハンモックプランを思案中だけど、これもいろいろ難点ありで実験は続きます。

それはさておき。

今夜の目的地は、新東名高速道路のサービスエリアNEOPASA駿河湾沼津 下り』です。
f:id:outdoorsytype:20181011221047j:plain22時頃到着
フードコートや、「伊豆・村の駅」という御当地スイーツや御当地惣菜、農産物、鮮魚物などが扱われている店舗が24時間オープンしていて、キャンプ食材も深夜に入手できるというありがたさ。
おいしそうなソーセージや干物、ささかま、お魚ハンバーグ、野菜、果物などありましたよ。
f:id:outdoorsytype:20181011221058j:plain
コンビニだけなら24h開いているところも多いですが、夜遅くにフードコートまでも開いていると便利だしなんだかほっとします。
参考までにNEXCO中日本『深夜に食事・お買物ができるSA・PA』という一覧発見↓
深夜でもお食事・お買物ができるSA・PA | 特集・イベント | サービスエリア・お買物 | 高速道路・高速情報はNEXCO 中日本
新東名は新しいだけあってトイレや設備が最新だしきれい。
駐車場も、大型車とその他のエリアが分離しているので、予想より遥かに静かに眠れました。

翌朝は快晴。
洗面をすませ、駿河湾を一望できるテラスで景色を眺めながら朝食。
f:id:outdoorsytype:20181011221117j:plain
これからうるぎの森へ向います。

そんな0日目。
次回へ続く

最後までお読みくださりありがとうございました☆

海辺で車中泊と、道の駅保田小学校

2018.9.16
日曜日のサーフィンのため、前夜に出て海辺泊。
f:id:outdoorsytype:20181004230944j:plain
おはようございます

f:id:outdoorsytype:20181004230941j:plain
海を眺めながらのおにぎりは美味しいよね

午前中はあいにくの小雨模様。
車の中でカードゲームをしたり本を読んだりiPadしたり。
そのあと勝浦海中公園の磯辺で磯遊びをしようと思っていましたが、ちょうど満潮で岩場が露出しておらずあまり遊べませんでした。

じゃあ鋸山へのぼってみようということになり、その途中、ランチがてら気になっていた道の駅保田へ寄ってみました。
f:id:outdoorsytype:20181004230948j:plain
内房線保田駅からほど近く。廃校になった保田小学校を利用した道の駅。
元校舎には「里山食道」などの飲食店やショップなどがあり、広い体育館は“きょなん楽市”としてお野菜や土地のものや総菜などが販売され、電子レンジや飲食スペースもあります。
ほかに宿泊施設やお風呂もあるみたい。だから車中泊においても人気スポットなのですね。
そして、子供たち大喜びのこんなスペースも。↓
f:id:outdoorsytype:20181004232312j:plain
hotasho.jp

さて鋸山に到着。
駐車場へ向う道は渋滞気味。駐車場もほぼ満車。
ロープウェイ自体にのるのは混んでいませんでしたが、一番の見所とも言える地獄のぞきへ向う一本道はまたまた渋滞。
こんなかんじ↓
f:id:outdoorsytype:20181004232527j:plain
地獄のぞきを終えて戻ってきた人の話では、この列一時間以上は待つそう。
このままではロープウェイの終電に間に合わないと判断し、地獄のぞきをのぞかないことにしました。
離れたところからみるとこんな感じ。
f:id:outdoorsytype:20181004232743j:plain
一組ずつ写真を撮っているから時間がかかるみたい。そしてみんな及び腰でなかなか先っぽに行けないから時間もかかるみたい。^^;

一日どんよりしていたお天気が帰る頃やっと晴れてきました。
f:id:outdoorsytype:20181004233143j:plain
f:id:outdoorsytype:20181004233024j:plain

山頂駅で寛ぐねこ
f:id:outdoorsytype:20181004233210j:plain

夜ごはんは、炭火焼ステーキブロンコビリーで肉肉。
東京ではあまり見かけないけれど、サラダバーの内容が充実していて、デザートやパスタもバーにあります。食欲旺盛な男子にはうれしいね。

東京から千葉、近場だけど一泊するだけでちょっとした旅気分でした。
f:id:outdoorsytype:20181004233457j:plain
おしまい

最後までお読み頂きありがとうございました。
よろしければ読者登録よろしくお願いします☆

旅:南カリフォルニア Day5,6

2018.8.27 Mon.

Oceanside での宿泊先
スプリングヒル・スイート・サンディエゴ・オーシャンサイド/ダウンタウン (SpringHill Suites by Marriott San Diego Oceanside/Downtown) - ホテルズドットコム ジャパン | Hotels.com - Japan

オーシャンサイドは小さい海街です。
特にみるものがある訳でもないので、チェックイン後は軽く散歩をして日が沈むまでビーチでのんびりする予定だったのですが、息子たちが大喜びするモノが見つかってしまいそれに振り回される羽目に。

それは、列車。
f:id:outdoorsytype:20180927221526j:plain
f:id:outdoorsytype:20180927221535j:plain
f:id:outdoorsytype:20180927221542j:plain
たまたまホテルの真後ろに線路が走っていて、日本では見れない巨大な車体と耳慣れない汽笛に大興奮。
散歩の目的地は駅になり、時刻表を取ってきて、以降、列車が来る時刻になるたびに線路へダッシュ
小鉄ちゃんです。

長い桟橋が特徴的な Oceanside Pier , Beach (オーシャンサイドピア、ビーチ)

f:id:outdoorsytype:20180927231032j:plain
f:id:outdoorsytype:20180927224854j:plain
f:id:outdoorsytype:20180927231258j:plain
f:id:outdoorsytype:20180927225305j:plain
ろっしーは大海原でサーフィン

f:id:outdoorsytype:20180927225342j:plain
f:id:outdoorsytype:20180927230933j:plain
海岸での砂遊びは日が暮れるまで飽きることなく

f:id:outdoorsytype:20180927230952j:plain
f:id:outdoorsytype:20180927231003j:plain

西に面しているカリフォルニアの海岸線の夕景を存分に見納めることができました。

夕食は、カリフォルニアロールをカリフォルニアで食べよう!とホテルから徒歩すぐの寿司バーへ。
Harney Sushi San Diego| Best Sushi in San Diego | Best Sushi Oceanside

旅先では基本的にその土地の物を食べたいものですが、子供連れ旅行ともなるとやはり食べ慣れた日本食がありがたいです。量も適量ですしね。

2018.8.28 Tue.

帰国 

帰国日の朝、ろっしーは最後のサーフィンへ。
そこで、サンダルと旅行中に買ったばかりのポロシャツを盗まれました。
そりゃ、閑散とした海岸で、新品のヒューゴボスのポロシャツとまだ新しいモンベルのサンダルが目の届かないところにぽんと置いてあれば、日本でだって盗まれかねないです。
お財布やカギじゃなくてよかったねぇ。といやみの一つも言ってみる

渋滞を予測して早めに空港に向います。名残惜しいフリーウェイからの景色を眺めて、空港でゆっくりランチ。サンディエゴ国際空港の中は綺麗だしレストランや店舗もなかなか充実。
帰りのフライトではまたも子供たちタイミング悪く寝てしまい機内食を食べそこね、次男はテレビに釘付けになり、私は映画を往復トータル6本見て満足しつつも思考が混乱。
こわれていたスーツケースはワインなど満杯のお土産が詰め込まれヘビーでしたが無事持ちこたえ、帰路に。

そんな南カリフォルニア旅行でした。
おしまい

長々と最後までお読み頂きありがとうございました。
よろしければ読者登録よろしくお願いします☆

f:id:outdoorsytype:20180927234855j:plain

南カリフォルニア旅行、Day1〜5はこちら
tabiskill.hatenablog.com
tabiskill.hatenablog.com
tabiskill.hatenablog.com
tabiskill.hatenablog.com

旅:南カリフォルニア Day4,5

2018.8.26 Sun.

今日も朝食後はのんびりプール。
ちなみにすぐ目の前はビーチですが、いわゆる海水浴場ではありません。
水遊び程度は大丈夫ですが、サーファーが多いし、寒流のため水も冷たいし寒いです。
でも現地の人はガシガシ入っています。体感温度が違いすぎてうらやましい。

プールのあとはお土産を買ったりアウトドアショップへ行ったりハンティントンの街を楽しんで、
夜はホテルとなりのモール、Pacific City(パシフィックシティ)のレストランで肉三昧。
しかし海辺のテラス席は寒くて寒くて。ニットのカーディガンでも不十分なくらいでした。
f:id:outdoorsytype:20180920221447j:plain
ストーブがある側の席は息子たちが占領

Pacific City(パシフィックシティ)についてはこちらが参考になります↓
la-mikke.com


2018.8.27 Mon.

Pasea Hotel は今日でチェックアウト。
サンディエゴ動物園に行くのと、野生のアザラシがいるビーチに行くのとどっちがいい?と息子たちに聞くと後者だったので、当初の動物園の予定を変更して、ラホヤ(La Jolla)へゆく事にしました。

とそこへ行く前に、オレンジカウンティーのコスタメサにある the LAB Anti Mall とThe Camp いうオシャレスポットへ行ってみる事に。
f:id:outdoorsytype:20180920225032j:plain
f:id:outdoorsytype:20180920225041j:plain
f:id:outdoorsytype:20180920225055j:plain
f:id:outdoorsytype:20180920225050j:plain

予想していたよりかなりこじんまりしたモールでしたが、洗練されていて、フォトジェニック、オシャレ、アーティスティックな感じでした。
The Camp (ザ キャンプ)も名前からして惹かれてましたが、なんだかおされ過ぎてなにも買えませんでした。
モールについてはこちらが参考になります↓
www.nicesocal.com

ランチは、アメリカに来たら一度は食べたい「In-N-Out(インアンドアウト)」にて。
なんでだろ。ほんと、美味しいんです。
http://www.in-n-out.com/

La Jolla (ラホヤ)

ラ・ホヤは、サンディエゴのダウンタウンから北へ約15kmの湾になった海沿い高台のとても美しい街。
ラホヤの中心地に車を停めれば見所はだいたい徒歩で回れます。
無料の路上パーキングスペースが空いていればラッキー。空いていなくても有料ならどこかしら空いています。

f:id:outdoorsytype:20180926231539j:plain
アザラシと一緒にスノケーリングも出来てしまう

f:id:outdoorsytype:20180926231729j:plain
おうっおうっと鳴きまくり。聞くと真似したくなるのなんででしょ。

f:id:outdoorsytype:20180926231733j:plain
Sunny Jim という洞窟。
入り口はわかりずらく、お店の中です。
コースト・ブルーバード(Coast Blvd)からコースト・ウォーク・トレイル(Coast Walk Trail)へ入いる所に「THE CAVE STORE ENTRANCE TO CAVE」という看板が掛かったお土産店があり、このお店で料金を払い階段を降りると、洞窟の内部にいく事ができます。ちょっとした探検気分が味わえるかな。

f:id:outdoorsytype:20180926231739j:plain
カメラ片手にひたすらカモメ追いかけ回し、しまいに足をもつれさせて転ぶ長男。遠くで見てると我が子ながら笑えます。

f:id:outdoorsytype:20180926231748j:plain
アザラシや海鳥を間近で見れてとても楽しい小一時間だったようです。動物園もいいけれど野生って面白い。

Oceanside (オーシャンサイド)

サンディエゴに近いラホヤから、再びロサンゼルス方面へ車を走らせ、今夜の宿、オーシャンサイドへ。
f:id:outdoorsytype:20180926231817j:plain

続きます☆