旅好きル☆行き着いた先はキャンピングカー

旅好き!行き着いた先はキャンピングカー

だんだん曖昧になってしまう記憶を留めておくための旅行記です

2019 東北10日間の旅 その2

2019/4/26(金)
翌日から10連休がスタートするこの日。
連休初日は松島観光を計画。
渋滞で夕方着などになってしまうとハナから計画倒れになってしまうので、金曜の夜出発することにしました。

期間が長いので、代わりのきかない忘れ物は勘弁したいところ。
メガネ、コンタクトレンズ、子供の薬、各種充電器・・・そして冷蔵庫の牛乳!
念には念を入れてチェックしたので、今回ばかりは忘れ物はせずにすみました。

夜は連休前といえど空いています。
東京から仙台までは常磐道で向いました。
松島の駐車場に車中泊してしまえば朝一から行動できていいとは思ったのですが、なんとなく気が引けて、松島から30分ほどのところにある、道の駅おおさとでの車中泊を決定。
f:id:outdoorsytype:20190518213957j:plain
21:00に出発し、1:30着。気温3度。
霧雨でしたがゆっくり寝たかったのでポップアップして寝ました。
広めの道路沿いの道の駅ですがまぁまぁ静かだったし連休前でも車中泊している車は十台もいませんでした。
トイレは外のトイレ用建物です。(公園にあるみたいな感じの)
でもあったか便座でした♪トイレ建物内になぞの箱があると思ったら、ツバメの巣が沢山あってその糞対策だったようです。
夜中に着いたからそれがわからず、トイレ中央にぽんと置いてある意味ありげな箱の存在がちょっと怖かった。。。


2019/4/27(土)天気:曇り雨、たまに晴れ。真冬の気温!
7時起床。出発前に買っておいたサワムラのパンを食べ、8時出発。
8:30には松島エリアに到着。
十連休ですよ。いくら朝早いって言ったってそれはそれは混むでしょう、と予測しての行動でしたが、思いのほかガラガラでした。
初日だから?雨模様だから??午後になっても駐車場渋滞が道にあふれるなんてことはなく。
松島エリアの駐車場はこんな感じ。↓
f:id:outdoorsytype:20190518215341j:plain
第1〜第5は¥300/1h。
おすすめは円通院そばの法雲山駐車場で、¥500/回。瑞巌寺、船乗り場、などに近く、福浦島へも別に遠くなく、なにより時間を気にしなくてすみます。
もしも車中泊するとしたら第三駐車場がよさそうです。静かで落ち着いた場所です。(夜間料金設定あり)

9時、仁王島遊覧船に。予約していなくても大丈夫です。こちらもガラガラ。
www.matsushima.or.jp
仁王島は左側に出てくるけれど全体的には右側に見所が多かった印象なので、右側に座るといいかもしれません。
f:id:outdoorsytype:20190518221903j:plain
男子は乗り物全般好き。船に乗れただけでウットリ。

下船したあとは、国の重要文化財である五大堂へ。
透橋(すかしばし)という、板の隙間が広く、下の海が見える橋を渡ります。
気をつけてね、という前に、次男がずぼっとはまりました(汗)長靴がぬげなくてよかった。。
f:id:outdoorsytype:20190518222239j:plain

雨がやんで晴れ間も見えた福浦島。橋がかっこよい。島の中から見る松島の島々もすてきです。
f:id:outdoorsytype:20190518222726j:plain

お昼はさかな市場へ。
www.sakana-ichiba.co.jp
やっぱり海産物が食べたくなります。牛タンは夜にとっておこう。
f:id:outdoorsytype:20190518223301j:plain
そしてデザートは、飲食店や土産物屋がならぶ国道45号通り沿いで大好きなずんだ餅を♡
f:id:outdoorsytype:20190518223358j:plain
自然な甘みで新鮮な味でほんっとに美味しかったです。
最後に瑞巌寺
川瀬 巴水(かわせ はすい)の作品がすごくよかった。

松島をあとにする前に、車で大高森という見晴らしスポットへ向いましたが、ついたら急に大雨。
少し待っても止む気配なく、大高森へ登るのも困難そうなので諦め、次の目的地、仙台城跡(青葉城址)へ。
去年から歴史好き特に戦国武将好きの長男、有名な高台に立つ伊達政宗騎馬像を見るのを楽しみにしていました。
f:id:outdoorsytype:20190518225332j:plain
ほかに資料館や護国神社がありますが、一時間もあれば見終わってしまいます。
ずんだシェイクを発見し飲んでみるとこちらも美味。東京にもずんだカフェできないかな。
f:id:outdoorsytype:20190518225355j:plain

夕飯にするにはちょっと早かったので、市内の『せんだいメディアテーク』という施設へ行ってみました。別に観光地ではありません。
そこにある図書館で一時間くらいのんびりしました。
そして17時!
今夜は牛タン!!
事前に行こうと決めていた、炭焼牛タン東山別館を訪れました。本店と同じお肉です。

炭焼牛たん東山 仙台本店別館
〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-11-28 りんくすビル1F
1,500円(平均)1,300円(ランチ平均)
r.gnavi.co.jp
しあわせ〜
f:id:outdoorsytype:20190518230414j:plain f:id:outdoorsytype:20190518230427j:plain

そして本日の宿泊場所は、北上し『RVパークスパ泉ヶ丘』。
まわりはなにもないところに、ぽつんと天然温泉『スパ泉ヶ丘』と『やまぼうし』という宿泊施設が現れます。
19時到着。
狭い車内はなにかと大変。お風呂の準備一つするのもあれがじゃまだあっちいってとワラワラし、スパ泉ヶ丘へお風呂へ行って、車に戻るともう20時半。
ちょっと子供たち勉強して、ウノで遊んで、やっと就寝です。

RVパークスパ泉ヶ丘
¥2000(電源込み)
f:id:outdoorsytype:20190518231711j:plain
f:id:outdoorsytype:20190518231652j:plain
広ーい駐車場の一番奥の列がRVエリア。各スペースにウッドデッキがあります。
シンク、水道あり。トイレは22時まではスパ泉ヶ丘、スパ泉ヶ丘の営業時間外は宿泊施設やまぼうしを利用。
どちらももちろん室内で、とくにやまぼうしは暖房も入っていて綺麗なのでとってもうれしい。
リピ決定。
www.kurumatabi.com

そんな一日目☆

2019 東北10日間の旅 その1

2019年4月26日〜5月6日、10泊11日の車旅から帰ってきました。
訪れてみたいところがたくさんあって絞り込むのが大変だったし、予定通りにはいかないところもあったけれど、車も家族も元気に帰って来れたことがなによりでした。

主な訪れたところ

宮城県:松島、鳴子峡、鬼首かんけつ泉、
岩手県中尊寺厳美渓、えさし藤原の郷、花巻温泉、北山崎、龍泉洞浄土ヶ浜
秋田県角館武家屋敷田沢湖、後生掛自然研究路、史跡尾去沢鉱山
青森県奥入瀬渓流弘前城浅虫温泉、恐山、大間崎、青森屋
福島県鶴ヶ城、大内宿、塔のへつり

キャンプ場2泊、RVパーク3泊、道の駅1泊、宿3泊

f:id:outdoorsytype:20190510231413p:plain
総走行距離約2500km

キャンピングカー選び その7 完結

普段キャンプの時は、出発前に車をマンション前に持ってきて、エレベーターを往復し、荷物を積み込みます。
大変だけどそれでもテント時代よりは荷物が減ったし積みっぱなしのものもあるし楽になりました。
今回のような10日間の旅の準備となるとなんとなく前もって色々車内を整えておきたいことがあります。
そんなとき、やはり車が離れた場所にあると少々面倒。
でも、一時間の距離ではなく、現在は徒歩7分の距離になってます♪

tabiskill.hatenablog.com
↑その6
の続き。
我が家に仲間入りを果たすことになったフォルクスワーゲン California T5 ですが、駐車場に入らず週末婚状態。
それを解消すべく、近所の青空駐車場を探しまくる日々。
機械式なら結構あるけれど平置きはなかなかないし、一人暮らしできる家賃並みにバカ高い。
ネットで探すよりも、「空き駐車場あり」の看板やチラシに片っ端から直接連絡を取る事が確実で早いことがわかりました。
散歩がてら普段通らない近所の道をスマホ片手に自転車で走り回りまわっていたら、いろいろ巡り合わせがあり、最終的に家から許容範囲の平置き駐車場を契約することができました。

これにて、我が家のキャンピングカー選びから購入までの道のりの話は終了!
その1〜5はコチラ
tabiskill.hatenablog.com
tabiskill.hatenablog.com
tabiskill.hatenablog.com
tabiskill.hatenablog.com
tabiskill.hatenablog.com

最後までお読み頂きありがとうございました。
おしまい☆
f:id:outdoorsytype:20190424131114p:plain

10日間の旅の計画

f:id:outdoorsytype:20190422232308j:plain

今年のGWが10連休だということを知ってからどこへ行こうかとわくわくしながら検討。
海外は高い時期は避けたい、
北海道車旅、または船で伊豆諸島はどうだろう、
はたまた桜を追って東北方面、青森の一番先っぽに行ってみたい、
そして結局、東北キャンピングカー旅に決めました。

本を何冊も借りてきて、一週間くらいかけてだいたいのプランを練り練り。
なにせ移動時間とか渋滞具合とか各地で過ごしたい所要時間とかすべては予想でしかないので賭けみたいなものですが、とりあえず冬の間にキャンプ場、RVパーク、宿、などを織り交ぜ予約を済ませておきました。
たまにはホテルも泊まりたいもの。。

それで済んだ気になっており詳細を詰めていなかったので、ここ数日あわてて準備に費やしています。
プランニングだけではなく、車で聴く音楽とか、カメラのデータ整理とか、水や乾物の買い出しとか・・・
さすがに10日間車で過ごすとなると、普段なら不便さを許せる事も出来るだけ快適さ重視で準備万端といきたいところです。

ところでみなさんJAFに入っていますか?
JAFの地図、見やすくて便利、北海道から沖縄まで9種類あり、会員特典で所定部数もらうことができるのでおすすめです。
www.jaf.or.jp
一番好きなのは、愛読書の『ツーリングマップル』なのですが、あれは本なので、大きく広げて移動計画を立てる用にはJAFのが一番です。
ツーリングマップルのよさはそのうちぜひとも語りたい。

おしまい☆

キャンプはしない成田ゆめ牧場

2019.4.13

f:id:outdoorsytype:20190419222342j:plain

スキーシーズンが終わり、キャンプシーズン一発目は、やっぱりお花見キャンプ!
都心から近い成田ゆめ牧場を一泊で予約していましたが、いろいろあってキャンセルし、日帰りで遊びに行ってきました。

第一の目的は、桜、ではなくズーラシアンブラスのコンサートです。
ズーラシアンブラスとは、指揮者のオカピさんをはじめ希少動物で成り立っている金管五重奏演奏家グループのことです。
ただの着ぐるみと思うなかれ、かなりのハイクオリティーで海外でもコンサートを開くほど。
f:id:outdoorsytype:20190419222310j:plain
(画像HPより)
息子たちはファンクラブに入っており、彼らのぬいぐるみを抱いて寝るほど大好き。
今回撮影OKでしたが、SNSなどへの投稿はNGとのことで写真は載せられず、興味がある方は是非HPを→https://www.superkids.co.jp/z-brass/zbprofile/

そんなわけで、11時のコンサート目指して出発しました。
都内はもう葉桜ですが、成田付近はちょうど満開。
距離は大して離れていないのにこんなに満開度合いが違うものなのですね。

f:id:outdoorsytype:20190419222724j:plain
こんなに元気そうな長男ですが、実は37.8度発熱中。
でもどうしてもズーラシアンを見たいというので、連れてきちゃいました。
結局丸一日遊んでしまったけど大して悪化もせず週明けには回復。新学期の疲れかいな。
成田ゆめ牧場は、牧場定番のエサやりや乳搾り、乗馬などに加え、ヤギ散歩、アヒルおっかけレース、芝そり、遊具、トロッコ、などがあります。
絶好のお花見日和にも関わらず空いていました。
キャンプ場宿泊者は割引価格で入場でき、キャンプ場からは徒歩でこれます。

前記事のように菜の花も満開。桜と菜の花が両方楽しめます。
f:id:outdoorsytype:20190419223224j:plain

春のおでかけにおすすめのキャンプ場&遊び場です。

前回のゆめ牧場お花見キャンプはこんなかんじ。皆既月食の日でした。
tabiskill.hatenablog.com
前々ゆめ牧場キャンプ。そういえば我が家のテントデビューの日だった!
tabiskill.hatenablog.com


おしまい☆

2019 スキー 神立高原はコブ練に最適

2019.4.3(水)

春休みまっただ中。

平日だけど、午前中だけなら行けるかも、というろっしーの一声で、神立高原スキー場に行く事に。
コブ熱の高まっているお友達パパも現地集合の予定です。

火曜日の21時ごろ出発し23時過ぎ、関越自動車道谷川岳サービスエリア着。
この日は寒気の影響で天候は雪。高速道路もタイヤ規制していました。
強風でもあったので、ポップアップはせずにぎゅうぎゅうで就寝。(ノーポップ就寝の様子についてはまたおいおい)

谷川岳サービスエリアは新しいので綺麗です。トイレや自販機が屋内にあり、テーブルや椅子もあります。
f:id:outdoorsytype:20190407174111j:plain

周囲のトラックも少なく、快適に眠れるかと思いきや、
深夜4時前頃、トントン、と車をノックする音が。

怖すぎます・・・

無視してみましたが、しつこくノックされます。
何事かとろっしーが窓からのぞくと、そこにいたのは二人の警察官でした。

ドアを開けると、7歳の男の子が保護されたと。心当たりはないかと。
もちろん心当たりはないのでその旨伝えると、お休みのところ申し訳ありませんでした、と去って行きました。
こんな夜更けに子供が外に一人でいたのかと思うと、なにがあったのかとあれこれ考えてしまい、眠れなくなってしまいました。

そんなで寝不足気味の朝。
子供たちは熟睡した模様で元気です。
f:id:outdoorsytype:20190407174750j:plain

神立高原に来るのは二十年ぶりくらい。
あのころは早朝5時から朝食付きのスーパーロング一日券ですべって、9時ごろにクロワッサンと珈琲の朝食をとるパターンが好きでした。
でも、北斜面でアイスバーンだったことが多い記憶なのですが、この日は新雪パウダー。
前回に続き春スキーとは到底思えない雪質です。
平日で空いていることもあって、ほんとうに気持ちのよいゲレンデでした。
f:id:outdoorsytype:20190407175126j:plain

使うは池の平高速リフトのみ。
子供たちもすっかりコブが楽しくなってしまったようでグネグネスイスイ滑り降りるミラクル。
板が短いので苦なくいけるせいもありますが、数ヶ月前なら怖がってチャレンジもしなかったのに、成長を感じます。
神立の新雪の空いているコブコースに出会って私自身人生一楽しいコブスキーでした。

12時であがって、お昼を食べて終了。
夕方には家に着き、後片付けや洗濯もゆっくりできて助かりました。
これで今シーズン最後かな?!

f:id:outdoorsytype:20190407180025j:plain

おしまい☆