旅好きル☆行き着いた先はキャンピングカー

行き着いた先はキャンピングカー!

遡ればアメリカ各地や南米、最近は国内の旅行記です。ただの旅好きからキャンプにハマり最終的にキャンピングカーでの旅スタイルに。

高規格キャンプ場!北軽井沢スウィートグラス

今年の長男バースデイキャンプは久しぶりのスウィートグラスに行きたいと思い、キャンセル待ちを申し込んでおきました。
キャンセル出ました!のメールがきてすぐに予約をクリックしてももう埋まっているという、相変わらず予約瞬殺のキャンプ場です。
しかし母ちゃんは粘ったよ。
何度目かのキャンセルメールで予約することができました。

2020/10/24(土)
朝9時発。首都高大宮→下道→圏央道から関越へ。
ランチは、上信越自動車道横川サービスエリアの売店「荻野屋峠の釜飯をテイクアウト。
普段なかなか食べる機会がないので余計に美味しく感じられます。
アンズに手を出すタイミングが肝だよね。
www.oginoya.co.jp

f:id:outdoorsytype:20210614073020j:plain
14時着。
よいお天気でだったのに徐々に空が不穏な色に変わり小雨模様


ところで、スウィートグラスはいろいろなイベントなども用意されトランポリンも予約制で楽しめます。
今回も前もって予約しておいたトランポリンを楽しみにしていましたが、ちょうど雨が降り出して、跳ねるたびにマット上の雨粒も跳ねてびしょびしょに。
さらになんと雹が降ってきた!

息子たちは雹にもめげずに裸足で飛んでいたけれどなにせ氷の粒足元一面にあるので、痛いし冷たいし、私はあえなく断念。
トランポリンやりたかったな。

10月とはいえ、日が暮れるととてもとても寒い。
温かい飲み物をたくさん飲んで、夕飯はあったかーいおでん鍋。
f:id:outdoorsytype:20210614083409j:plain

月が出ているのに小雨が降る変なお天気でした。
あまりに寒いので暖を取るため、雨の中苦戦しながら焚き火に点火。焼き芋もつっこむ。
f:id:outdoorsytype:20210614151618j:plain

しかし寒さと小雨には耐えられずいつもより早めに車の中に籠り、みんなで都道府県クイズをしたりして、21時過ぎには就寝。
寝袋の中はぬくぬく暖かいけれど、外はさらに冷え込んさらに強風で、夜中にトイレに行った時はチェックした気温は2度でした。


2020/10/25(日)

軽井沢の秋の朝、深呼吸したくなる気持ちよさ。
浅間山が一晩でうっすら雪化粧していました。やっぱり相当冷え込んだようです。
f:id:outdoorsytype:20210615123255j:plain

今回のサイトはアスレチック(多目的広場)の目の前の林間サイト。
f:id:outdoorsytype:20210615133631j:plain
キャンプ場でお友達になった子ども同士で遊んだり朝から元気。
ご飯ができたらすぐに呼べて、このサイト子連れにはとても便利です。
f:id:outdoorsytype:20210615124616j:plain
ハロウィンデコレーション
f:id:outdoorsytype:20210615124532j:plain
f:id:outdoorsytype:20210615124600j:plain
タイタニックを見たことなくてもやっぱりやりたくなるものらしい

朝ご飯は生ハムチーズパンとスープと昨日の残り。
さらに栗ぜんざいお餅も。
そして昨日の夜焚き火に入れておいた焼き芋を食べようと見て見たら、そのうち1つがきれいにアルミホイルが剥かれて中身がなくなっていた。(泣)
長男得意の観察眼で地面にナニモノかの足跡も発見。
なんの動物かはわからないけれどずいぶん器用な生物だったようです。

焼き芋は残念だったけれど、久しぶりにハンモックに揺られて、リフォームのことを考えずのんびりできて、精神デトックスができました。
キャンプの醍醐味ですね。

ー北軽井沢スウィートグラスー
サイト:どのサイトもゆったりめ
炊事場:給湯OK
トイレ:文句なし。洗面、鏡、石鹸、あり。暖房も完備!
お風呂:使用していないのでわかりません
ゴミ:捨てられます
f:id:outdoorsytype:20210615134314j:plain
f:id:outdoorsytype:20210615134325j:plain
このキャンプ場はスタッフさんのレベルも高く、快適に過ごせること請け合いです。
sweetgrass.jp
名残惜しいけれど12時過ぎチェックアウト。
帰りは146ロマンチック街道を経由し八ッ場ダム(やんばダム)に寄ってみました。
このロマンチック街道、好きなんですよね。
いつか起点から終点までドライブしてみたい。
f:id:outdoorsytype:20210615134921j:plain
f:id:outdoorsytype:20210615134932j:plain
駐車場は無料。
まだ新しく綺麗な施設です。周辺は軽く渋滞していて、見所の一つのようです。

帰路の途中で「あっ!あおぞら!!」と叫ぶ息子。
群馬といえば我が家の定番焼肉あおぞら
看板を見つけてしまったからには行かないわけにはいかない。
美味しい焼肉を食べて、今回のバースデイキャンプをしめくくりました。

f:id:outdoorsytype:20210615135422j:plain

おしまい☆

日本海を目指して車中泊の旅1120km:やっぱりよかった白川郷

2020/9/21

旅の疲れも溜まってきたので朝はゆっくり車内で過ごし、午前中は『極楽湯 金沢野々市店』にて温泉リフレッシュ&ランチ。

そして、今回の旅の大きな目的のひとつであった白川郷へ。
予想通り付近は渋滞していましたが、ふと横を見ると「展望台」の看板が。
そちらへ向かう車はいなかったけれどこのまま並ぶよりとりあえず行ってみようと細い道を登ってゆくと、そこは「天守閣展望台」と呼ばれるところでした。

f:id:outdoorsytype:20210611112122j:plain

白川郷全景がすこーんと見える最高の眺め。
秋の爽やかさも相まって、ついでに世界遺産を眺めながらクレープなんか食べちゃって、なんて贅沢なのでしょう。
f:id:outdoorsytype:20210611112149j:plain

展望台をあとにし、白川郷近くの駐車場に車を停め、今度は近くからゆっくりと散策します。
f:id:outdoorsytype:20210611113726j:plain
f:id:outdoorsytype:20210611113746j:plain
f:id:outdoorsytype:20210611113758j:plain
f:id:outdoorsytype:20210611113811j:plain

昔訪れた富山県五箇山に比べると全体的に大きく、人の生活の気配が強く感じられました。
兼六園五箇山訪問の記事はコチラ
tabiskill.hatenablog.com

五平餅を食べたりのんびりとして、最後に河原で少し遊んでから帰路につきました。
いつか冬景色も見て見たいものです。
f:id:outdoorsytype:20210611113825j:plain


東京まで帰るぞ!!と出発したのがだいたい17時。
しかし途中の有料道路〜国道158号が酷い渋滞。
長いトンネルばかりでしんどくくらい山道で、そんなときは家族みんな大好きなLIFE!のDVDで笑ってしのぎます。

松本市内まできてようやく遅い夕食は、息子sリクエストによりくら寿司
そして23時すぎに店をあとにし、高速も渋滞しており、帰宅したのは深夜3時半でした。

ぐるっと岐阜、福井、石川あたりの旅、これにておしまい☆ 

日本海を目指して車中泊の旅1120km:番外編:車中泊について思う事

2020/9/21

昨夜遅くに到着したのは、今夜の車中泊スポット「ロンドンバスホテル」。
正確には、「ロンドンバスホテルの隣の芝生に車中泊」ですが、金沢観光などに便利な立地です。
RVパークとも違ってちょっとユニークだったので今回はそれについて書きます。

車中泊はいまだに堂々とできない

そもそも我が家はキャンプが好きで、テント泊キャンプからキャンピングカーへと移行したので、基本的に宿泊場所はキャンプ場が多いです。
キャンプ以外の旅行のときはRVパークがベスト。

でも、まだ日本のRVパークは数が多くはないので、目的の場所にRVパークがあるとも限らず、そんなときは好きな時に好きな場所で泊まれる車中泊となりますが、サービスエリアや道の駅などは無料であるがゆえに気がひけることもあったり防犯上心配だったり、そもそもそういった場所での車中泊自体公式にOKではなかったりするので、そういうことになりそうなときは予め候補を決め、下調べを入念に行います。
特にトイレの清潔度はぐぐりまくり。

有料車中泊スポットを求めて

そしてそんなときにいつも思うのが、有料でいいから、堂々と車中泊ができて且つ清潔なトイレがある場所がないかということ。

今回の福井旅でそんな場所を探してみて見つかったのが今回のロンドンバスホテル車中泊なのでした。
なお、有料車中泊スポットといってもいろいろで、ほんっとうにただの薄暗い駐車場の片隅だったりトイレが近くにまったくないようなところもあります。
私は基本的にトイレを重視しすぎなタイプですけど、やっぱりトイレは人間が寝起きする上で最低限必須だと思うんですよねぇ。。
その辺踏まえたカーステイスポットを日本のあちこちで見つけられたらいいなと。


はい。


ここまでトイレトイレ連呼しておきながら
今回泊まったところには
トイレがなかったんですけどね。^^;
もちろん予め承知の上でしたけれど。
その辺もおいおい。


では、朝の様子からご紹介。

ロンドンバスのおとなりで

f:id:outdoorsytype:20210606160134j:plain
これがロンドンバスホテル。
本場イギリスからオーナーさんが持ってこられたとのこと。自動販売機まで凝っています。

場所は、まさかこんなオシャレなバスがお庭にあるとは想像もつかない、一般的な住宅街。
f:id:outdoorsytype:20210606160438j:plain
f:id:outdoorsytype:20210606160500j:plain
水道もあるし自炊もできますが、周囲には気を使いますね。
f:id:outdoorsytype:20210606160630j:plain
我が家は夕飯は車内で惣菜、朝食もぱぱっと買ってきたもので済ませました。

さて。問題のトイレですが、駐車場の前の道をまっすぐワンブロックほど行ったところの公園の公衆トイレを使用することになります。
f:id:outdoorsytype:20210606160735j:plain
↑公園
f:id:outdoorsytype:20210606160745j:plain
↑トイレ
事前の口コミ調べによるときちんと手入れされているトイレで清潔であるとあり、実際その通りではありましたが、やはり公園の公衆トイレなので石鹸などはなく、持参が必要です。
また、近いとはいえ離れているので子供だけでいかせるわけにもゆかないしやはり不便ではありました。
ともあれ、一泊1,500円という価格で金沢から程近い場所に泊まれたわけなので、ありがたい取り組みです。

なにより、男の子はロンドンバスをこんな間近でみられるだけでテンションアップ。
f:id:outdoorsytype:20210606161303j:plain


carstay.jp


このあとは白川郷へGOー

日本海を目指して車中泊の旅1120km:麒麟がくる一乗谷

2020/9/20 Sun.

道の駅「西山公園」からおはようございます。
朝っぱらから公園の一角「パンダ公園」で一遊び。
f:id:outdoorsytype:20210118105146j:plain
今日はかなり盛り盛りで計画。
工芸体験からの、一乗谷永平寺丸岡城東尋坊、シメは水族館

果たして全部回れるか?!

伝統工芸に触れる

西山公園から車で近いところに、「越前和紙の里」「うるしの里」などの伝統工芸にまつわる施設があります。
ちょうど子供たちの汁碗が欲しかったので、うるしの里会館で絵付け体験をすることに。事前予約要
越前漆器協同組合 | うるしの里会館
職人さんが丁寧に指導してくれました。
長男は椿、次男は鶴をモチーフに、見本の絵を見ながら色などを自分で選びます。
絵が完全に乾かなくても箱に丁寧に入れてくれてそのまま持ち帰ることができ、よいお土産になりました。
f:id:outdoorsytype:20210118105155j:plain

一乗谷朝倉氏遺跡

今回の旅行の大きな目的が一乗谷に行くこと。 
NHK大河ドラマ麒麟がくる」が好きな息子たちが訪れてみたがっていたのです。
ここにユースケサンタマリアもとい朝倉氏がいたのかと思うと感動。
f:id:outdoorsytype:20210118105208j:plain
昔の街並みが再現されています。
f:id:outdoorsytype:20210118105218j:plain
f:id:outdoorsytype:20210118105229j:plain
快晴爽やかな日で散策にはもってこい。結構広いので歩きやすい靴をおすすめします。
特別史跡 一乗谷朝倉氏遺跡 特設サイト

曹洞宗大本山 永平寺

一乗谷から車ですぐの永平寺。お腹も減った頃、なのでまずはお昼を食べようと。
たくさんお店がある中あまりこんでいなかったお店をチョイスしたのがまずかったのか…
味は悪くなかったけれど、お食事が出てくるまでに40分くらいかかりまして、時間との戦いの予定を組んでしまった今日に限って痛いタイムロス。
しかも次男のあるある偏頭痛が発生。
おんぶしてあるくことに。小柄な小二とはいえ重たいよねー背負うのは私ではないけれど
苔々した緑に覆われた永平寺は素敵だったけど子供達にはちょっと響かなかったかな。
f:id:outdoorsytype:20210118105240j:plain
f:id:outdoorsytype:20210118105251j:plain

渋い!丸岡城

日本のお城で古い天守が残っているのはわずか12城。
そのうち、国の重要文化財に指定されている重文7城のひとつである丸岡城は、12城のなかでもとりわけ古い建築様式を持つ城として知られているそうです。
築城から約400年の木の手触りを感じながら登る中の階段はとっても急で梯子のよう。
サイズ感といい木の雰囲気といいとてもよい。
f:id:outdoorsytype:20210118105306j:plain
maruoka-castle.jp

ところでもりもりプランのこの日、最後の予定は水族館。
何時まで開いているかを事前に調べていなかったけれど、一般的な閉館時間である17時などだとするともう間に合わない。
子供たちに文句たらたら言われかねないのでプランBを考えつつ調べてみると、連休ということでなんと21時まで開いている!

よかったいける!

なら早くのポイントへ進もうということで

名所 東尋坊

16:30に到着。
崖へ向かう道の左右にお土産屋や飲食店、おしゃれなカフェがずらりと並び、想像していた火サス的な雰囲気とはだいぶ違う。
魚介類のイイニオイにお腹を鳴らしながら海まで向かうと、ぎりぎりまで近づける崖の迫力たるや。足がすくみました。
f:id:outdoorsytype:20210118105318j:plain
17時をすぎるとお店が次々とシャターを閉め急にうら寂しい雰囲気に。
しかし子供たちの心は次へ向かってウキウキ。ここから車ですぐ近くの「越前松島水族館」へ。

夜の水族館

ここが期待を上回るすばらしさ!
f:id:outdoorsytype:20210522143446j:plain
f:id:outdoorsytype:20210522143458j:plain
魚のいるプールに入れたり(夏場は水着でOK)ウミガメに餌をあげたり
f:id:outdoorsytype:20210522143432j:plain
上から眺められるフォトジェニックな水槽や
f:id:outdoorsytype:20210522143509j:plain
イルカショーも。

水族館としてももちろんですがそれよりなにより立地最高。海辺に出られるようになっていて、

日本海の夕景がそれはそれはみごとでした。
f:id:outdoorsytype:20210226175623j:plain

海辺で陽が沈みゆくのをずーっと眺めつつ写真撮影に夢中になっている母をよそに、子供たちは子供たちで水族館を満喫。(こじんまりしているので迷子になりません)

夜に屋外の水族館で遊べるというシチュエーションが非日常でとても楽しかったようでした。

越前松島水族館[公式] 割引クーポンも♪ 見て・ふれて・楽しく学べる日本海の国定公園に面した水族館

20時半まで満喫し水族館をあとにするとあたりはまっくら。
レストランなどもなく夕食を食べるタイミングを逸した上、次男の片頭痛が再発した上気持ち悪いと言い出し、お風呂に立ち寄ることもできず。
結局スーパーで夕食用の惣菜を買い、車で一時間ほどかかる『ロンドンバス』へ向かいました。

今夜の車中泊は、ロンドンバスのお隣。
その詳細はまた次回☆

日本海を目指して車中泊の旅1120km:並木道を通って天空に立ち寄ろう

もう11月!

2020/9/19 Sta.

昨夜はAM2時就寝だったにも関わらず、6時にちゃんと目が覚める次男に起こされる。
f:id:outdoorsytype:20201004203138j:plain
遠州森町PA、24hのヤマザキデイリーストアがあるので深夜でも助かります。
外のベンチで芝生を眺めながら気持ち良い朝食をとり、8時過ぎに日本海へ向けて出発。

日本一の琵琶湖〜

たどり着いたもののあまりの広さにどこに立ち寄ってよいか分からず、とりあえず道の駅湖北水鳥ステーションへ立ち寄ってみました。
f:id:outdoorsytype:20201004203826j:plain
道の駅から道をはさんだ湖面を見るとたしかに水鳥がたくさん。双眼鏡を持ってこなかったことが悔やまれます。
地図上ではなく、子供たちに自分の目で琵琶湖の大きさを体感してもらうという目的が果たせた次は、

走り抜けたい メタセコイア並木

f:id:outdoorsytype:20201004205808j:plain

農業公園マキノピックランドを縦貫する県道小荒路牧野沢線に、約2.4kmにわたり植えられている約500本のメタセコイアの並木道。
空までまっすぐそそりたつ木々と、その間を走るまっすぐな道がとても綺麗でした。
車で走り抜けるとあっという間ですが、途中のマキノピックランドというレストランなどもある施設の駐車場に車を停めることができます。
バえる写真を取ろうと頑張る若者がたくさん。もちろん私もその一人。若者じゃないけど。
pic-land.com

熊川宿

熊川宿は若狭と京都を結ぶ旧鯖街道の宿場で、重要伝統的建造物群保存地区とのこと。
観光の前にまずランチタイム。
近頃ずっと食べたかったウナギを目指して、道の駅「若狭熊川宿」のすぐ近くにある「伍助」へ行ってみました。
うなぎのほかにも若狭牛も楽しめるお店でとっても美味しかったです。
f:id:outdoorsytype:20201021160301j:plain
熊川宿 伍助 | 若狭でうなぎと若狭牛を堪能できるお店です
昨年のGWに訪れた大内宿よりこじんまりした宿場町で、なんともいえぬよい雰囲気でした。
f:id:outdoorsytype:20201021160526j:plain
だんだん日本海に近づいてきたよ。

三方五湖 レインボーライン「天空テラス」に行くべし

「みかたごこ」と読むんですね。ずっと「さんぽうごこ」と読んでいました。
ここを楽しむにはまず、レインボーラインという道路を通り、山頂公園を目指すべき。
f:id:outdoorsytype:20201021160947j:plain
すると、湖が一望できる大パノラマ!
f:id:outdoorsytype:20201021160957j:plain
山頂は『天空のテラス』という広い一帯で、足湯で温まりながら景色を見ることができたり、ソファで寝転んでみたりハンモックに揺られてみたりレインボーなパラソルを差して撮影ができたり、もちろんカフェもあったり、いろいろな角度から日本海や湖を眺めつつ寛げるよう工夫されているのです。
f:id:outdoorsytype:20201021161021j:plain
ワクワクポイントがたくさんあってつい長居してしまいました。
f:id:outdoorsytype:20201021161013j:plain
ブランコも。

1箇所だけ「和」な感じの「かわらけ投げ」。
願い事を小さなおさら(かわらけ)に書いて湖に向かってぽーんと投げるのです。
f:id:outdoorsytype:20201021161109j:plain
まだ叶わないよぅ(泣)

三方五湖レインボーラインについては詳しくはこちら↓
レインボーライン

東京を出発してから長い1日目もそろそろ終わり。
三方五湖からすぐちかくの温泉施設「きらら」にてゆーっくり温まりました。無色透明。
f:id:outdoorsytype:20201021161117j:plain

夜はやっぱりお寿司!
とはいえ子連れですしそんなに贅沢できませんし、関東では見かけない海鮮アトムという廻転寿司へ行ってみました。
鯖江店 | 海鮮アトム | ファミリーレストラン・居酒屋 | 株式会社アトム
海が近けりゃもちろん美味しいに決まってます。中でも石川県産の水ダコ、タコの昆布シメがとても美味しかった。

今夜のお宿は道の駅「西山公園」

下調べによりこの辺りではここがベストと思われた道の駅。
それでもやっぱり行ってみないとわからないのでどきどきしますが、街の中なのに駐車場は奥まっているのでそこだけ静かで、新しめの道の駅なので施設もきれいで上々でした。
キャンピングカーが多かった点も安心。
f:id:outdoorsytype:20201021161125j:plain
御手洗いに生花が飾られているところは大抵よいところです。
姿の見えないどなたかがきれいにしてくださっていることに感謝。

☆次に続く☆

日本海を目指して車中泊の旅1120km:車内の突っ張り棒の上で就寝

f:id:outdoorsytype:20201002150108j:plain

2020.9.18 Fri.

秋の爽やかな空気にいざなわれるようにやってきた四連休。
日本海が見てみたくなり、福井県に行ってみることにしました。

距離があるため、金曜の夜、22:30出発し、子供たちはすぐに車内で就寝。
夜遅いこともあって順調に新東名を進み、深夜1時をすぎてそろそろ仮眠を、と思いサービスエリアの看板をチェックするも、次も、その次も、その次の次も、どこまで行っても「満」の文字。
まさかSA・PAが満車で入れなくて仮眠できないなんてこと、予想もしていませんでした。
後日ニュースで、この秋の四連休はどこもかなりの人出だったことを知り、前夜に出て同じように仮眠をとる車も相当多かったようです。

AM2時近くなり、とりあえずどこか入ろうと、満車と知りながらも遠州森町PAに入り列に加わり空くのを待ってみましたが、どの車も寝入っているようでなかなか空きません。
諦めるか、粘るか、迷い始めた頃、たまたま二台スペースが空き、無事駐車することができたのでした。


あくまで仮眠なので、ポップアップは上げず。
よって、例の就寝定員2名の中で4人寝るワザを繰り出すことに。

長男は例の如く、前部ドアのでっぱりに渡した5本の突っ張り棒(突っ張るわけではなく乗せるだけ)の上にインフレーターマットをしいた簡易ベッドで就寝です。
f:id:outdoorsytype:20201002163649j:plain
写真をみるといかにも狭そうだけど、一応160cm取れているので快眠だそう。

後部フルフラット部分は、次男と大人二人でぎゅうぎゅう。
一人は逆さにならないと入らないので顔の前に足がありいつ蹴られるかわからない(しかもニオう)恐怖のなかでの就寝となります。

いくら小柄な次男でも、もうかつて繰り出したワザのようにキッチンの上には寝れない。^^;
キッチンの上で眠る次男の記事はこちら。檻じゃないよ。↓
tabiskill.hatenablog.com


2020.9.19 Sta.
明るくなってみると、駐車場の周囲は芝生や小山に囲まれており、子供たちは朝ごはんのあと楽しそうにバッタを捕まえたり走り回ったりしていました。
このあとも長く走るからたくさん体動かしておかないとね。
f:id:outdoorsytype:20201002164009j:plain

2 に続く☆

西伊豆へ!オートキャンプ銀河

2020/8/10(月)〜11(火)

今年の夏休み一番の目玉は、半年以上前から企画していたアメリイエローストーン国立公園への4家族での旅行。
残念ながらこのコロナ禍ではキャンセルせざるを得ませんでした。

夏休みの楽しみがなくなってしまったので、海水浴にでも行こうかということに。
向かうは西伊豆です。


夏のキャンプングカー泊の大敵は暑さ。(ヒーターはあるけれどエンジンをかけずに使える冷房はついていません)
少しでも標高の高いところを探すと、西伊豆の標高400mに位置する「オートキャンプ銀河」を発見。
東京からの訪問も快く行け入れてくださるとのことだったので、そこに決めました。

1日目:
まず向かったのは、世界遺産明治日本の産業革命遺産」の一つである「韮山反射炉」。
伊豆の国市/国指定史跡韮山反射炉
反射炉(はんしゃろ)とは、鉄を溶かして大砲(たいほう)を作る炉のこと。
近くでも見上げても遠目で見てもなんともかっこいい佇まい。
f:id:outdoorsytype:20201001092305j:plain
f:id:outdoorsytype:20201001092315j:plain
マスクにサングラスでどっちがどっちかわからない 

次に向かったのは、堂ヶ島
この日は暑さはもちろんのこと湿度がものすごく高い日で、マスクの中は湿気と汗でびしょびしょ。
それでもせっかく来たからには岩を登ったり降りたり、たったか見て回ります。
f:id:outdoorsytype:20201001092909j:plain
有名な天窓堂は天気がわるかったので、船にはのらず上から覗いてみました。

しかしそんな暑さと疲れと車酔いか、次男が気分が悪くなってしまい、冷房の効いた加山雄三ミュージアムの休憩スペースで少し休憩となりました。
ありがとう、加山雄三さんミュージアム

そして、すれ違いのできない山道を登ったところで、やっと着きました、オートキャンプ銀河。
f:id:outdoorsytype:20201001094729j:plain
銀河という名だけあって、星空観察を期待したけれど、残念ながら曇天模様でした。
山の斜面にあるキャンプ場なので、各サイト群も高低差があります。
f:id:outdoorsytype:20201001095020j:plain
夜はろっしー作アサリパスタ。

f:id:outdoorsytype:20201001100225j:plain
花火をしたりジェンガをしたり。クワガタ、カブトは見つけられませんでした。
気温の方は、標高のおかげか夜は気持ちよく眠ることができました。


二日目:海水浴日和の猛暑快晴!
岩地海水浴場に行ってみたかったのですが、チェックアウトのときにその場にいたスタッフさんと地元の方に聞いてみると、駐車場に入るために早朝から並ぶほどの人気だとのこと。
今日は平日なので大丈夫かと期待したけれどやはり満車で入れませんでした。
次におすすめしてもらった松崎海水浴場は問題なく、海水浴場自体も空いていました。
f:id:outdoorsytype:20201001101249j:plain
張り切ってスノーケルセットも新調したけれど残念ながらお魚は見当たらず、長男もあまり使ってくれず。
小波で初めてのボディボードをしたり、水鉄砲で遊んだり、滅多にできない海水浴にとーっても楽しそうでした。(サーフィンに行く海では波があるので海遊びはできないのでね。)
シャワーや海の家はないので、ペットボトルのお水で海水を流し、屋外で巻き巻きタオルで着替えるというワイルドさ。全然気にしませんが。

夏の思い出が作れてよかった。

ーオートキャンプ銀河ー
サイト:普通サイズ
炊事場:給湯器あり
トイレ:清潔だけど男女兼用
地面:砂利め
ゴミ:有料で可
五右衛門風呂や洗濯機、乾燥機もあり
www.ac-ginga.com

☆おしまい☆