旅好きル☆行き着いた先はキャンピングカー

行き着いた先はキャンピングカー!

ふらりと遠出するのが好き。テント泊からキャンピングカーへと変態を遂げました。

サーフィンついでに数ヶ月ぶりのキャンプ:RECAMP 勝浦

2020年7月11日(土)

3月からの自粛生活で、キャンプはもちろんのこと、車に乗って遠出するもの数ヶ月ぶり。懐かしさすら感じます。
最後に出かけたのはまさかこんな状況になるとも思わなかった冬のスキーだっけ。。

さて、今回の行き先は千葉。サーフィンをしたついでに一泊キャンプしてこようと。

まずは部原の海へ。
子供たちは久しぶりの海遊びにリードを外されるのが待ちきれない犬のように駆け出してゆきました。
天気予報は梅雨らしく土日とも曇り雨だけどちょっとした晴れ間も出現。
f:id:outdoorsytype:20200722142627j:plain

キャンプ場に向かう前にお昼ご飯をと、何度か訪れている勝浦駅からもほど近くのお寿司屋さんへ。
勝浦漁港で水揚げされた新鮮なお魚が本当に美味しい。外食も数ヶ月ぶりだったから本当に本当に美味しく感じました。
↓鮨 成田屋さん
www.sushi-naritaya.com

そしてキャンプ場へ。
以前はしあわせの丘リゾートという名前でしたが、「RECAMP勝浦」としてリニューアルしていました。

臨時受付で検温などコロナ対策もばっちり。
近くにある国際武道大学の学生さんたちがアルバイトかな?たくさんがんばっていました。

ちょっとした遊具のある広場で、雨の合間にボール遊びをしたり、
f:id:outdoorsytype:20200722142918j:plain
アマガエルと遊んだり。
f:id:outdoorsytype:20200722142648j:plain

夜中に大雨予報、加えて強風だったので、ポップアップは諦め、一家族だけなのでタープも張らず、キャンピンカーのサイドオーニングだけでこじんまりと過ごすことに。
ほんっとに久しぶりのキャンプで、荷物も忘れ物だらけで、一番イタイのは調味料をごっそり忘れたこと。
カレーのルーだけはあったのでなんとかなりました。今夜は子供たちによるカレーです。
f:id:outdoorsytype:20200722142641j:plain
このキャンプのすぐあとに、たまたま理科のテストで玉ねぎの断面図の問題が出たけれど、全然わからなかったそうな。^^;
ご飯は飯盒で。カレーもライスも美味しくできました。

小雨&強風にも関わらず、どうしてもやりたいという花火へ。
風が強すぎてなかなか火がつかず、やっと一本に点火したらそれを絶やさぬようにとにかく点火しまくるワンコそば状態。
花火を楽しむゆとりはまったくなかったにも関わらず、次男はとっても楽しかったそうでご満悦でした。それならばよかった(ღˇ◡ˇ)
f:id:outdoorsytype:20200722142657j:plain

さて、キャンプでも車中泊でも一番困るのがポップアップのあげられない夜。
ツライんです。
ポップアップ、つまり二階部分が使えない場合、下の車内の就寝定員は2名。
そこに4名寝るために、運転席と助手席のドアのパワーウィンドウの出っ張りに突っ張り棒を5本渡し、その上にインフレーターマットを敷いた寝床に長男。
後方に次男と親がぎゅうぎゅうで眠るスタイル。
しかも、体感1000%の湿気。外の気温はそこまで暑くないのに車内はサウナのよう。真夏の平地の車中泊は避けていたのでこんなに暑いのは初めてです。
しかも夜が更けるにつれて雷に大雨に風はごーごーで、とても窓も開けられず。
もともとポップアップ前提での4人就寝仕様車。
これからますます息子たちが大きくなることを思うとどうしたものか、思案中です。


浅い眠りのまま迎えた翌朝は、風もおさまり雨も止んでいました。
チェックアウト後は再びサーフィンへ。
遊んだあとは海を見ながらおやつタイム。
f:id:outdoorsytype:20200722142619j:plain

早く友達とのキャンプが日常になりますように。
f:id:outdoorsytype:20200722142705j:plain
おしまい☆

「RECAMP勝浦」
 サイトは少し狭め。
 地面は土。
 トイレは温水便座ではなし。鏡なし。
 炊事場は清潔、石鹸あり。給湯設備あり。
 シャワーあり。
 ゴミ袋有料。
RECAMP 勝浦 | 日本最大級のキャンプ場検索・予約サイト【なっぷ】